WEBライターになる前とその後の違い

   

それまでは「無職」あるいは「専業主夫」と自己紹介をすると、その場の雰囲気が重くなっていました。「WEBライター」と名乗るようになり、いくらか印象は良くなった気がします。

記事を書くときには、対象の事柄について広範囲に調べます。テーマによっては、納品後も関心が継続することがあり、改めて資料を読み直したり、関連するテーマを扱った映画を観たくなったりします。

以前読んだある本に、たいへん興味深い話が書かれていました。

文明に接したことのないパプア・ニューギニアの地を探検隊が訪問したときのことです。彼らに人口密集地帯の様子が撮影された映画を見せました。たくさんの自動車や馬が通過する映像が映っています。

上映後、通訳を介してスクリーンに何が見えたかを現地人に尋ねると、みんながみんな鶏といったのだそうです。それが彼らの認識できた唯一の生物であり、それ以外の動くものは解釈不可能でまったく意味のないものだったのです。

*   *   *

この話はあることを示唆しています。人は、あらかじめ知っていることしか認識することができない。たとえ網膜に映っていても、関心や興味がなければそれを認識することができないということでしょう。その事物や概念に名前が付けられているかどうかも重要だと思います。

物事に関心を持つと、それまで見えなかったことが見えてきます。WEBライターの仕事を通じて、自分の世界が広がったような気がします。

最近、記事で取り組んだのと同じテーマについて書かれた書籍を読みました。当然のことではありますが、WEBライターになる前とは「読みの深さ」の違いを実感しました。

 -ライター大田「思いつきだけど結構イケル」

  関連記事

no image

「動物裁判」という不思議な常識

時代や場所によっては、とんでもないようなことが「常識」でした。「動物裁判」(講談社現代新書 池上俊一

no image

ネタに困るほど宇宙は狭くない

友人と酒を飲んでいるとき、あるいは彼女とデート中、ふと会話が途切れて間が空いてしまったときどうします

no image

ナスにトゲがあるなんて!

ここ数年、私は日常的に家で料理をしています。始めのころ、知らなかったことが結構ありました。たとえば、

no image

「流星ひとつ」を読んで

今年8月、藤圭子が亡くなったというニュースは衝撃的でした。今の人には宇多田ヒカルの母というほうが通る

no image

私の中の私でないもの

『トレマーズ』(Tremors,1989年)というパニック映画。地中に住んでいる体長10メートルの超

no image

“形容詞+「です」”の違和感について

「そう感じる人は多いです」という文があったとします。「ですます調」における、このような“形容詞+「で

no image

ラグラン男爵とカーディガン伯爵

私たちの身の回りにある物の由来を調べてみると思わぬ発見があります。 その起源は約100年前の軍用コー

no image

気象用語になったダジャレ

私はその番組を直接は見ていないので伝え聞いた話です。ある日の天気予報で、気象予報士が聞きなれない用語

no image

忘れられないタイトル

前回、タイトルだけの映画紹介をしましたが、本のタイトルにもなかなか秀逸なものがあります。昔、まだ(私

no image

サンタさんは本当にいるのか?

毎年この時期を楽しみにしている子供は多いでしょう。常識的に考えれば、世界中のよい子たちにプレゼントを

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW