逆バレンタイン?何それ?

   

WEBライターの仕事をしていると、言葉にも敏感になります。いくつかみてみましょう。

・「元気をもらった」
初めて聞いたときはとてもムカつきました。すでに一般的に使われていますが、まだ慣れません。だれもあんたにそんなものあげてないよ!だれそれの活躍を見て元気が出たと普通に言えば?と、テレビ画面に対して(心の中で)叫んでいる自分が恥ずかしくなります。

・「大きなお友達」
本来は、公園の砂場などで自分の子供を遊ばせている母親が「ほら、大きなお友達が来たから、少しこっちに寄って」などという場面で使われています。

それがネットでは「子供をターゲットにして作られたアニメなどに対してハマっている、いい歳をした大人」を指す意味として定着しています。だれが言い始めたのかはわかりませんが、なかなか秀逸な表現です。

・「自分へのご褒美」
服を衝動買いしてしまったことを帰宅後に気付いたときの言い訳として、あるいは高価な宝石を確信的に買うときなどに使われることの多い表現です。もう家の中は、これまでの「自分へのご褒美」であふれています。

・「逆バレンタイン」
先日、あるオリンピック選手がインタビューで使った言葉です。発言の流れから、ようするに「バレンタインの逆」→「ホワイトデー」→「お返し」の意味とわかりました。何、勝手に新語作っちゃってんの?って思いました。

が、すでに1992年2月に早川書房から「逆バレンタインの惨劇」という本が出ていました。意外にも古い(あるいは定着している)言葉だったようです。

 -ライター大田「思いつきだけど結構イケル」

  関連記事

no image

「流星ひとつ」を読んで

今年8月、藤圭子が亡くなったというニュースは衝撃的でした。今の人には宇多田ヒカルの母というほうが通る

no image

かつ丼とカブトムシ

よくある間違った質問の例として、「私と仕事のどっちが大事なの?」というのがあります。これについては異

no image

WEBライターは前歴不問

会社に応募するときは、まず履歴書と業務経歴書を送付して、さらに面接でいろいろと聞かれるという手順があ

no image

興味範囲の外に出る

インターネットが普及する前のことを知っているだけに、いまの生活の便利さは以前とは比較になりません。好

no image

ラグラン男爵とカーディガン伯爵

私たちの身の回りにある物の由来を調べてみると思わぬ発見があります。 その起源は約100年前の軍用コー

no image

安ければよかろうという発想

その店のバニラアイスクリームを味わうために一月に一度通っていた喫茶店があります。 先日、とても残念な

no image

風の強い日

バイクのカバーがとんでもない場所に飛ばされてしまうくらい、風の強い日のことでした。カバーを掛け直さず

no image

見なかったと思えばどうでもよいこと

アマゾンに出品していた古本が売れて、郵便局に発送に行った帰り道のことです。   私の前方を

no image

一般的な職場では禁止されていること

・自由な服装や、ありえない格好で仕事をする ・仕事中に好きな音楽を聴く ・飲食、飲酒、喫煙しながら仕

no image

“形容詞+「です」”の違和感について

「そう感じる人は多いです」という文があったとします。「ですます調」における、このような“形容詞+「で

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW