24年かけて1冊の本を読む

      2014/04/30

2008年に文庫本化された「禅とオートバイ修理技術」を手にした人は多いかと思います。

手元にある1990年に刊行された単行本の帯には「1972年発刊と同時に全米に知的興奮を巻き起こしたベストセラー・ロングセラーの完訳」とあります。

1976年に出版された最初の邦訳は「息子と私とオートバイ」というタイトルでした。

「禅とオートバイ修理技術」に対して「息子と私とオートバイ」。同じ本なのにそこから受ける印象はまったく違います。読後感としてはまあ間違いではないと思いました。

ちょっとワケありの父親が一人息子を後部座席に乗せて、もう一台のバイクに乗った友人夫婦とともに旅をする話だからです。

1980年代の私は、親友たちとよくオートバイでキャンプに行っていました。当時、オートバイは乗るものであり、読む対象ではありません。この本はずっと本棚の最上段に飾ってありました。

ところが最近、まったく関係のない本のなかで引用されていたため、やっと手にとりました。読み始めるとキャンプの様子などはとても懐かしいものでした。

主人公が語る哲学の部分は非常に難解です。加えて、24年前の自分には息子はいなかったので買ってすぐ読んだとしても、共感できる部分は少なかったかもしれません。読む側の準備が整うのにだいぶ時間がかかりました。

 -ライター大田「思いつきだけど結構イケル」

  関連記事

no image

安ければよかろうという発想

その店のバニラアイスクリームを味わうために一月に一度通っていた喫茶店があります。 先日、とても残念な

no image

興味範囲の外に出る

インターネットが普及する前のことを知っているだけに、いまの生活の便利さは以前とは比較になりません。好

no image

ラグラン男爵とカーディガン伯爵

私たちの身の回りにある物の由来を調べてみると思わぬ発見があります。 その起源は約100年前の軍用コー

no image

ネタバレサイトで答え合わせ

映画を観終わったあとには必ずネタバレサイトをチェックします。答え合わせのためです。細部まで作り込まれ

no image

風呂に本を落とす

寒い日が続きます。部屋の暖房もかかせませんが、私の場合、風呂で身体を温めてから執筆開始。そうしないと

no image

かつ丼とカブトムシ

よくある間違った質問の例として、「私と仕事のどっちが大事なの?」というのがあります。これについては異

no image

ベーシックインカム導入後の世界

すべての個人に必要最低限の現金を無条件に給付するベーシックインカムという社会政策があります。その構想

no image

ナイチンゲールは統計学の先駆者だった

エジソンは発明家。アインシュタインは相対性理論。レオナルド・ダ・ヴィンチはモナ・リザを描いた人。歴史

no image

私の中の私でないもの

『トレマーズ』(Tremors,1989年)というパニック映画。地中に住んでいる体長10メートルの超

no image

なりたいものになる自由

夢が叶うということはどういうことでしょうか。 内田樹の本で読み、なるほどと思った話があります。その主

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW