ラグラン男爵とカーディガン伯爵

      2015/10/28

私たちの身の回りにある物の由来を調べてみると思わぬ発見があります。

その起源は約100年前の軍用コート

トレンチコートの「トレンチ」とは「塹壕(ざんごう)」の意味です。そのルーツは第一次世界大戦(1914~1918年)においてイギリス軍が泥濘地での塹壕戦のために採用した軍用コートです。その後、トレンチコートと呼ばれて一般に普及しました。

腰回りの付いているD環は手榴弾を取り付けるため。両肩のショルダーストラップもただの飾りではありません。気絶した兵士を引きずるときの取っ手、「持つところ」として機能しました。

意識不明の人体は非常に重いため、戦車隊の兵士が着用するツナギにおいても、そうした取っ手(ベルト)が襟の内側にあります。狭いタンクの中で気を失っている兵士を迅速に引きずり出すためです。

ラグラン袖に肩の縫い目がないワケは?

通常の上着の肩と袖の境に縫い目があります。一部のセーターやジャケット、スポーツ用の速乾性Tシャツなどには、その肩の縫い目がないデザインがあります。

ワーテルローの戦い(1815年)で右腕を失ったラグラン男爵にとって、コートを着たときに右肩の縫い目の位置が下がってしまうのが悩みの種。それが目立たないようにと考案されたデザインは、ラグラン袖と呼ばれるようになりました。

前開きにしてボタンを付けてリメイクされたVネックセーター

クリミア戦争のバラクラヴァの戦い(1854年)で無謀な突撃を行った英国陸軍軽騎兵旅団長のカーディガン伯爵。負傷した兵士にとって、セーターの着脱はたいへんやっかいな問題でした。

前を切ってボタンを付ければいいじゃないかと考えたカーディガン伯爵。以来、その着脱しやすいセーターはカーディガンと呼ばれるようになりました。

 -ライターズコラム, ライター大田「思いつきだけど結構イケル」

  関連記事

no image

イラっとくる日本語

SE。それはシステムエンジニアの略称です。いっとき私はそう呼ばれていたことがあります。まあ、なりたい

no image

高校生に読んでもらうつもりで

先日、長く患っていた歯を一本抜きました。自分でも嘔吐感を感じるような悪臭を放ち、いくらうがいしたり、

no image

気象用語になったダジャレ

私はその番組を直接は見ていないので伝え聞いた話です。ある日の天気予報で、気象予報士が聞きなれない用語

no image

薔薇と書けない憂鬱

読めるけど書けない漢字があります。自慢じゃないですが「薔薇」や「憂鬱」は読めても書けません。開き直っ

no image

宇宙のことを考えると…

なぜ、私たちは宇宙に魅せられるのでしょうか。その理由の一つはとてつもないスケールの大きさです。宇宙は

no image

「動物裁判」という不思議な常識

時代や場所によっては、とんでもないようなことが「常識」でした。「動物裁判」(講談社現代新書 池上俊一

no image

一般的な職場では禁止されていること

・自由な服装や、ありえない格好で仕事をする ・仕事中に好きな音楽を聴く ・飲食、飲酒、喫煙しながら仕

no image

24年かけて1冊の本を読む

2008年に文庫本化された「禅とオートバイ修理技術」を手にした人は多いかと思います。 手元にある19

no image

見なかったと思えばどうでもよいこと

アマゾンに出品していた古本が売れて、郵便局に発送に行った帰り道のことです。   私の前方を

no image

興味範囲の外に出る

インターネットが普及する前のことを知っているだけに、いまの生活の便利さは以前とは比較になりません。好

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW