エベレストだけが山ではない

   

ある朝起きてみると自分が売れっ子の小説家であることに気が付いたという人はいないでしょう。

過去の行動や意思決定の結果が現在であるとすれば、何が未来を決めているのかは明らかです。

願望実現のプロセスは、そうなったときの状況をリアルに思い描くことから始めます。そしてそれを忘れないこと。その思いが強ければ、あとは自然にそうなります。

私は、たった1ページのある連載コラムを読むだけのために週刊誌を買っていたことがあります。自分も何か面白い話を定期的に書いてみたいものだと思っていました。

いまでは、こうして文章を公開する場をいただいております。面白いかどうかは別にして……。

エベレストだけが山ではありません。日帰りや一泊程度で帰ってこられる山に、1ヶ月に何度か行くことも登山の楽しみかたの一つでしょう。

WEBライターとして文章を書くこともそれに似ています。15分程度でカタカタと文字を打ち込む作業の結果が一単位のコラムになるのは面白いものです。

大きな目標を設定することは有意義ですが、ハードルが高すぎてなかなか実行に移せないというのはよくある話です。とりあえず低めの山にたくさんトライしてみるのもよいのではないでしょうか。

 -ライター大田「思いつきだけど結構イケル」

  関連記事

no image

イラっとくる日本語

SE。それはシステムエンジニアの略称です。いっとき私はそう呼ばれていたことがあります。まあ、なりたい

no image

逆バレンタイン?何それ?

WEBライターの仕事をしていると、言葉にも敏感になります。いくつかみてみましょう。 ・「元気をもらっ

no image

ネタバレサイトで答え合わせ

映画を観終わったあとには必ずネタバレサイトをチェックします。答え合わせのためです。細部まで作り込まれ

no image

かつ丼とカブトムシ

よくある間違った質問の例として、「私と仕事のどっちが大事なの?」というのがあります。これについては異

no image

興味範囲の外に出る

インターネットが普及する前のことを知っているだけに、いまの生活の便利さは以前とは比較になりません。好

no image

安ければよかろうという発想

その店のバニラアイスクリームを味わうために一月に一度通っていた喫茶店があります。 先日、とても残念な

no image

風呂に本を落とす

寒い日が続きます。部屋の暖房もかかせませんが、私の場合、風呂で身体を温めてから執筆開始。そうしないと

no image

トラブル歓迎?

数年前、アメリカのオークションサイトで落札したものを日本のオークションサイトに出品して小遣い稼ぎをし

no image

サンタさんは本当にいるのか?

毎年この時期を楽しみにしている子供は多いでしょう。常識的に考えれば、世界中のよい子たちにプレゼントを

no image

「動物裁判」という不思議な常識

時代や場所によっては、とんでもないようなことが「常識」でした。「動物裁判」(講談社現代新書 池上俊一

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW