安ければよかろうという発想

   

その店のバニラアイスクリームを味わうために一月に一度通っていた喫茶店があります。

先日、とても残念なことがありました。「アイスクリーム値下げ 220円→180円」という掲示に、いやな予感がしました。2割値下げしても品質はそのまま。そんなことはありえません。そのぶん量を減らしたのでしょうか?いえ同じでした。味は?

案の定、まったくの別物になっていました。

詳しい事情を店員に聞いてみたいという誘惑に駆られましたがやめました。単に「値下げすればお客さんは喜ぶだろう」という発想だったのだと思います。たくさん売って最終的な利益を多くしようと見込んだ店側の事情も理解はできます。

「物の価値とは、それを作るために費やされた時間の集積であるべき」。

このまえ見たテレビ番組の中で、ある独立時計師がいったフレーズを思い出しました。歯車1つ、ネジ1本から自作して1年に1個しか制作されない、たった一つの腕時計の値段が数百万円もするのは当たり前です。

アイスクリームと腕時計を同列に論じるのはかなり無茶苦茶ですが、安かろう悪かろうという結果になるのは同じです。

多少値段を上げてもかまわないので、もう一度あのアイスクリームを食べたいと思った出来事でした。

 -お知らせ, ライター大田「思いつきだけど結構イケル」

  関連記事

no image

偽サイトの怪しい日本語

今年に入ってから、偽の通販サイトによる被害が急増中です。画像素材は本物サイトからのコピーが使われてい

no image

「流星ひとつ」を読んで

今年8月、藤圭子が亡くなったというニュースは衝撃的でした。今の人には宇多田ヒカルの母というほうが通る

no image

今年の感じはどんな漢字?

その年を象徴するたった一文字の漢字を投票するイベント。毎年楽しみです。今年も12月12日の「漢字の日

no image

悪ふざけなう

名前をさらして、非常識な行動をご丁寧に写真つきでツイートし、粛清される、ちょっと唖然とするほど無考え

no image

アトムがやってくる日

「スピンオフ」というドラマ作りの手法がアメリカではやっています。ある番組の人気の脇役や設定そのものを

no image

サンタさんは本当にいるのか?

毎年この時期を楽しみにしている子供は多いでしょう。常識的に考えれば、世界中のよい子たちにプレゼントを

no image

逆バレンタイン?何それ?

WEBライターの仕事をしていると、言葉にも敏感になります。いくつかみてみましょう。 ・「元気をもらっ

no image

かつ丼とカブトムシ

よくある間違った質問の例として、「私と仕事のどっちが大事なの?」というのがあります。これについては異

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

no image

忘れられないタイトル

前回、タイトルだけの映画紹介をしましたが、本のタイトルにもなかなか秀逸なものがあります。昔、まだ(私

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW