クライアントの満足度を最優先するための弊社独自の取り組み

「同業他社との差別化」。これが弊社の設立当初から不変のポリシーです。その根底にあるものは常に「お客様の満足」であり「アウトソーシングだからこそのメリット」です。ここでは、株式会社ケーズオフィスの記事作成代行サービスに関するこだわりをご紹介いたします。


クライアントとのヒアリングのための時間を惜しみません

ヒアリングの重要性~Face to faceへのこだわり

fasetoface弊社では、できる限りお打ち合わせを行ったうえで記事作成代行を承るよう努めております。長いビジネスのお付き合いをさせて頂くベースとなるものは、「信頼関係」です。どこにいるかも分からず、顔も見えない相手と信頼関係を築くことはできません。たとえバックリンク用の記事一つにしても、現在は質の高いオリジナリティーのある記事でなければ検索エンジンから評価されません。そのため、メールでのやり取りだけでは細かなニュアンスが伝わりにくいだけではなく、クライアントの貴重な時間のロスになってしまう可能性もあります。

「本当に求められているもの」を作るためには、クライアントとのイメージの共有が必須となってきます。弊社では、遠方のお客様でもできる限りお伺いしてヒアリングを行うようにしております。ヒアリングでは多様化、細分化された二ーズを弊社の専門スタッフが無駄なく精査、把握し、着地点にブレのない記事作成をいたします。

※もちろんお客様のご都合に合わせますので、お電話やその他の方法によるヒアリングにも対応させていただきます。

機械的に記事を量産するスタイルは過去のものです

お客様の必要とされる記事の多様化、多ジャンル化にともない、「クラウド上で完結させる記事受発注の時代」はすでに終焉を迎えたと言えます。機械的に作成された文章や、基礎がないライターの記事はサイト評価の足を引っ張るだけの産物となってしまいます。それどころか、単純にキーワードを繰り返し使用するだけのレベルの記事では、ペナルティーの対象にもなりかねません。同じキーワード記事一つにしても、しっかりと導線を意識しながら着地点までキレイな誘導をすることが必要です。また、記事全体のブレをなくし、できるかぎり読みやすい記事の作成が現在のライティングでは求められます。

32文字の重要性を弊社は記事に反映させます

非常に細かなこだわりかも知れませんが、現在の記事作成に不可欠なものが「タイトル作り」です。これはユーザーの誘導面と検索エンジンでの評価の両方から大きな比重を占める部分です。トップページだけではなくサイト全体の流れを考え、弊社では記事タイトルやサイトタイトルの文章一つひとつにオリジナリティーを持たせる必要性を認識しております。現在の検索エンジンは、サイト全体のテキストを細かくチェックし、評価を下します。弊社では、全てのページのオリジナリティーとクオリティーを保つために、タイトルにまでこだわる記事作成を徹底しております。

キーワード大量発注からSSランク記事1記事まで対応

記事のボリュームやレベルに関係なく、全てのクライアントのニーズに対し柔軟な対応をいたします。「少量だから問い合わせにくい」「予算が心配」。弊社では、このような個人のお客様でもご安心して記事作成代行をご依頼いただけます。また学術書や論文、医学専門書の読み込み、などハイエンドなクオリティーを求められる記事の執筆にも数多くの実績、経験を積んでおります。必要であれば弊社担当者が国立図書館に出向いて、クライアントの必要とする情報を検索して執筆もいたします。また、同行取材やインタビュー、海外取材等どのようなニーズにもお答えできる環境が整っております。Web上に「文字」が必要とされる分野であれば、案件の属性は関係なくお問い合わせ下さい。

>お問い合わせ


社内インフラ整備で無駄のない対応と納品

納品までに~社内における徹底した記事チェックと管理

security

弊社ではこれまでの数多くの法人様とのお付き合いの中、「安心できる記事制作会社」としてビジネス展開を図ってまいりました。記事の安全性こそ、アウトソーシングに一番求められる部分だと認識しております。

  1. コピペチェック
  2. 現在市販されているソフトで、Web上の全文章をチェックするものは販売されておりません。某社が販売しているコピペチェックツールを弊社でも購入しましたが、全く実用性のないものでした。一部Web上で記事をチェックするソフトはありますが、見知らぬサーバーに納品記事をアップする危険を犯すわけにはいきません。弊社では、自社開発のコピペ専用ツールを作成し全ての記事のチェックを行っております。

  3. 校正チェック
  4. 新聞社などで使用されているプロ使用の文字校正ソフトも併用しております。さらに専任スタッフによる目視チェックも行っておりますので、検索エンジンからのペナルティーを避けるだけではなく、高い品質保持に努めております。

>>品質管理のための記事チェック

1クライアント1担当制で差別化したサービスを提供

弊社では、必ず見積もりの段階で専任の担当者が対応させていただきます。また、各担当には直属の上司がおりますので、万が一ヒアリングミスや納期遅れなどが発生しないようなシステムを構築しております。また、社内の営業から管理部、総務まで各部署が受注から納品までのフローに準じて効率の良い作業を行っております。必要に応じてクライアントとクラウドシステムを利用した情報共有させていただきますので、ご依頼案件の進捗をリアルタイムで確認いただけます。

>>納品と納期について

全ての納品形式に対応させていただきます

お客様の要望に合わせるため、納品形式は制限はございません。ワードやテキスト納品に限らず、どのようなフォーマットにも対応致します。また、CSVでのロングテキスト納品などでは、文字数やタイトル重複チェック機能の付いた納品も可能となっております。パッケージ納品や分納、スタイルや形式にこだわらず納品致しますのでご遠慮なくお申し付け下さい。


充実したライター育成システムがもたらすもの

業界では唯一のティーチングカンパニーです

teach

アメリカでは大手の病院などでは「ティーチングホスピタル」というシステムが存在します。若い医者を現場で臨床体験を積ませて教えるための病院ですが、弊社はライターの育成システム構築に時間を費やしてきました。仕事を与えて実際にライティングをさせながら、細やかなフォローアップでライターを育てます。そのために三年間かけて、ライターの育成システムを築き上げました。他社では絶対にできないSkype等を利用した細かい指導が、弊社の大きな特徴です。マニュアルを読むだけでライティングのスキルアップは絶対にできません。ただ、しっかりとした統一性のあるマニュアル=ライティングのルールがあって、初めて指導員による教育が生きたものになります。

この育成システムによって得られるものは多くあります。どのライターが書いても、基礎がしっかりとできていますので、記事の品質のムラをなくすことができます。ライター自身のスキルアップ、弊社によるライター管理、そして安心して発注ができるクライアント、このようにして三者の「満足のトライアングル」が形成されます。

ライターのモチベーション管理が品質に与える影響

どれだけ時代がデジタル化しようと、記事を執筆するのは人間の手作業です。ライティングには高い集中力が求められますが、主に在宅で仕事をするライターは慣れても自己管理は簡単ではありません。無理な状態で記事を執筆させても決して良いクオリティーは望めません。弊社では1ライター1担当制度をとっていますので、ライターの体調を含めた総合管理が可能です。記事作成の進捗をチェックするだけではなく、実は各ライターと弊社スタッフの信頼関係こそが品質維持の大きな要素だといえます。

外注ライターを一切使用しないからこそのこだわりの品質

弊社では外注の記事作成会社を使うことは一切ありません。独自にライターを集め、必要に応じて専属契約を行っております。1記事書くのにも社内的な「決まりごと」がありますので、そのルールを知らない外注業者は使えません。また、募集の時点から、他社での経験がない方を優先的に採用しています。ある程度自己流でライティングをしてしまっていると、変なクセのある文章しか書けなくなってしまいます。未経験者の方が、白いキャンパスに色を塗るのと同様に吸収も早く、短い時間で育成が可能です。これも全ては均一化された記事の品質を保ち、クライアントに満足のいくものを提供するために行っている取り組みです。。

>>サンプル記事