品質管理のための記事チェック

記事作成代行の株式会社ケーズオフィスでは、クライアントからのご要望に合わせて記事品質のチェックに段階を設けております。以下は、実際に一部のクライアントにご提供しているチェックフローです。詳しくはご依頼の際に担当までご確認ください。

チェックの流れ

ライターのアサイン

まずはクライアントご希望の記事品質を執筆が可能なライターを案件にアサインします。弊社では、ライターそれぞれの特性や得意分野などについてしっかりと把握しているため、案件ごとに最適なライターが記事の執筆を行います。また、随時指導も行っており、継続いただけく程品質のアップが見込めます。

ライターより入稿・チームリーダーによる添削

ライターから記事が提出された時点で、案件のチームリーダーが品質のチェックを行います。以下は添削項目の一部です。

  • 漢字難易度と表現は適切か
  • 修飾語と被修飾語の関係
  • 話の流れは適切か
  • 主語と述語は照応しているか
  • 補助語は漢字に変換しない
  • 並列表現を有効に活用
  • 指し示す場所が曖昧になってしまう指示語は必ず「限定使用」する
  • 適切な用語の説明

上記の添削が終わり次第、リーダーよろライターへ原稿の戻しを行います。

第二稿のチェック

ライターより第二稿が提出され次第、まずはチームリーダーが前回同様、品質のチェックを行います。問題がない場合はその後、案件担当者が以下の項目をチェックします

  • 弊社開発のコピペチェックExpressⅡにてWeb重複がないかのチェック
  • Microsoft「Word」、JustSystems「一太郎」等のソフトウェアを使った校正
  • 担当者による目視校正

納品とクライアントによる記事のご確認

上記の行程を行った後、クライアントに納品を行います。発注時の条件に反するような記事の内容に問題がある場合は修正依頼を無料で承ります。