「前へ進むために後ろを見る」

   

気付けば、もう7月になってしまいました。九州は梅雨も明けていよいよ本格的な夏がやってきます。

私は四季の中で夏がもっとも好きです。

夏といえば、お祭りです。花火です。

私はお祭り男ですので、毎年福岡から山口にかけての主要なお祭りには顔を出しています。

北九州の祇園祭り、わっしょい百万夏まつり、福岡の大濠公園花火大会、山口の関門花火大会、馬関祭り…名前を挙げただけでも、あの活気を思い出してときめいてしまいます。

 

そんなお祭りですが、そのルーツはさまざまです。地元の神様を祀るものであったり、豊作や大漁を願うものであったり、慰霊のためのお祭りも少なくありません。

私はできるだけ、そのルーツを探り、知るように心がけています。その上で、にぎやかな出店を覗いたり、美しい花火を眺めたりしてみると、また違った景色が見えてくることがあります。

お祭りに限った話ではなく、旅行などでもその地域ならではの文化や名物のルーツを探りたくなってしまいます。

 

私は昔から、ルーツ探りが好きなようで、趣味の音楽でも空きなアーティストの影響受けたアーティストなどのルーツを探してしまいます。

 

妻からよく、過去を振り返ってばかりの人と言われてしまいます。ですが、しっかりと自分が立っている場所を確認することができなければ前へ進むことはできません。

 

ライターという仕事においても、とにかくがむしゃらに突き進むように書くのではなく、時には書いたものをしっかりと見つめなおすことも必要だということに最近、気付きました。

もっとライターとして、そして人間として成長するためには、前へ進むためにしっかりと後ろも確認しなければならないようです。

 

 -サナギユウキのスローライフなライター日記

  関連記事

no image

「希望と原動力を持つこと」

ギター少年に憧れのギタリストがいるように、ライターにも憧れの物書きがいます。私のアイドルは町田康とい

no image

スターの死

また更新の期間が空いてしまいました。その間にいよいよ本格的な夏がやってきました。すでに、この時期の最

no image

「あなたは占いを信じますか?」

また久々の更新になってしまいました。毎回この出だしになってしまいます。 あっという間に時間が過ぎてし

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW