24年かけて1冊の本を読む

      2014/04/30

2008年に文庫本化された「禅とオートバイ修理技術」を手にした人は多いかと思います。

手元にある1990年に刊行された単行本の帯には「1972年発刊と同時に全米に知的興奮を巻き起こしたベストセラー・ロングセラーの完訳」とあります。

1976年に出版された最初の邦訳は「息子と私とオートバイ」というタイトルでした。

「禅とオートバイ修理技術」に対して「息子と私とオートバイ」。同じ本なのにそこから受ける印象はまったく違います。読後感としてはまあ間違いではないと思いました。

ちょっとワケありの父親が一人息子を後部座席に乗せて、もう一台のバイクに乗った友人夫婦とともに旅をする話だからです。

1980年代の私は、親友たちとよくオートバイでキャンプに行っていました。当時、オートバイは乗るものであり、読む対象ではありません。この本はずっと本棚の最上段に飾ってありました。

ところが最近、まったく関係のない本のなかで引用されていたため、やっと手にとりました。読み始めるとキャンプの様子などはとても懐かしいものでした。

主人公が語る哲学の部分は非常に難解です。加えて、24年前の自分には息子はいなかったので買ってすぐ読んだとしても、共感できる部分は少なかったかもしれません。読む側の準備が整うのにだいぶ時間がかかりました。

 -ライター大田「思いつきだけど結構イケル」

  関連記事

no image

宇宙のことを考えると…

なぜ、私たちは宇宙に魅せられるのでしょうか。その理由の一つはとてつもないスケールの大きさです。宇宙は

no image

トラブル歓迎?

数年前、アメリカのオークションサイトで落札したものを日本のオークションサイトに出品して小遣い稼ぎをし

no image

失われた時間を取り戻す

たとえば1年間、真剣に受験勉強をしたとしましょう。あるいは1ヵ月ずっと休みなしで目一杯仕事をしたとい

no image

ラグラン男爵とカーディガン伯爵

私たちの身の回りにある物の由来を調べてみると思わぬ発見があります。 その起源は約100年前の軍用コー

no image

風の強い日

バイクのカバーがとんでもない場所に飛ばされてしまうくらい、風の強い日のことでした。カバーを掛け直さず

no image

WEBライターになる前とその後の違い

それまでは「無職」あるいは「専業主夫」と自己紹介をすると、その場の雰囲気が重くなっていました。「WE

no image

エベレストだけが山ではない

ある朝起きてみると自分が売れっ子の小説家であることに気が付いたという人はいないでしょう。 過去の行動

no image

「動物裁判」という不思議な常識

時代や場所によっては、とんでもないようなことが「常識」でした。「動物裁判」(講談社現代新書 池上俊一

no image

サンタさんは本当にいるのか?

毎年この時期を楽しみにしている子供は多いでしょう。常識的に考えれば、世界中のよい子たちにプレゼントを

no image

気象用語になったダジャレ

私はその番組を直接は見ていないので伝え聞いた話です。ある日の天気予報で、気象予報士が聞きなれない用語

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW