失われた時間を取り戻す

   

たとえば1年間、真剣に受験勉強をしたとしましょう。あるいは1ヵ月ずっと休みなしで目一杯仕事をしたという場合でも同様です。そんな生活を続けたあとで振り返えってみると、その期間の記憶は真っ白、まるで長い夢から醒めたような不思議な気持ちになることがあります。

他のすべてを犠牲にして優先順位の高い目標へまっしぐらの生活を続ければ、確かにゴールにより早く確実に近づくことができるでしょう。

そのような生活が一区切りついたら、世の中でどんな動きがあって、何が流行っていたのか、どんなことに世間の人々が熱中していたのかを再確認する必要があります。

本や映画などでこれは読みたい観たいというものを調べると、ある特定の時期に固まっていて、なぜそのときに見落としていたのかと思うことがあります。「あれ?こんな作品があったんだ。ぜんぜん知らなかった」というものの多くが「自分が失っていた自由時間」の中にあったりします。

どんなことに興味を持ったのか、そしてそれをいかに体験して血肉にしてきたか。そうした「感動の記憶」は自分らしさを形成し、そのとき確かに生きていたという実感につながっているのかもしれません。

「過ごした時間が自分を構成している」と思うと、自分が生まれる前の過去の優れた作品を味わうことさえ、特別な意味を持つはずです。

 -ライター大田「思いつきだけど結構イケル」

  関連記事

no image

私の中の私でないもの

『トレマーズ』(Tremors,1989年)というパニック映画。地中に住んでいる体長10メートルの超

no image

気象用語になったダジャレ

私はその番組を直接は見ていないので伝え聞いた話です。ある日の天気予報で、気象予報士が聞きなれない用語

no image

WEBライターになった感想

この仕事を始めて3ヶ月が過ぎました。 なんとか自分のペースもつかめるようになり、納期と品質を意識して

no image

宇宙のことを考えると…

なぜ、私たちは宇宙に魅せられるのでしょうか。その理由の一つはとてつもないスケールの大きさです。宇宙は

no image

エベレストだけが山ではない

ある朝起きてみると自分が売れっ子の小説家であることに気が付いたという人はいないでしょう。 過去の行動

no image

24年かけて1冊の本を読む

2008年に文庫本化された「禅とオートバイ修理技術」を手にした人は多いかと思います。 手元にある19

no image

見なかったと思えばどうでもよいこと

アマゾンに出品していた古本が売れて、郵便局に発送に行った帰り道のことです。   私の前方を

no image

興味範囲の外に出る

インターネットが普及する前のことを知っているだけに、いまの生活の便利さは以前とは比較になりません。好

no image

「動物裁判」という不思議な常識

時代や場所によっては、とんでもないようなことが「常識」でした。「動物裁判」(講談社現代新書 池上俊一

no image

WEBライターは前歴不問

会社に応募するときは、まず履歴書と業務経歴書を送付して、さらに面接でいろいろと聞かれるという手順があ

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW