やっぱり「華麗なる」タイトルがいい

   

翻訳文学のタイトルには、びっくりするような訳があります。例えば、サラ・パレツキーの小説「Killing Orders」の邦題は「センチメンタル・シカゴ」。そりゃないよ~、と言いたくなるようなタイトルです。いったいなんで、「センチメンタル」なのでしょう?

 

逆に、素晴らしいタイトルもたくさんあります。サリンジャーの「The Catcher in the Rye」は野崎孝さんが「ライ麦畑でつかまえて」と訳しました。チャンドラーの「The Long Goodbye」を「長いお別れ」とした清水俊二さんの訳。どちらも、ほれぼれします。

 

「華麗なるギャツビー」も素晴らしいタイトルだと思いますが、少し違和感も覚えます。フィッツジェラルドの原題は「The Great Gatsby」。「great」には「華麗」という意味はないし、主人公ギャツビーの「華麗な」生活が主題の作品でもないので奇妙です。野崎孝さんの訳ですが、ご本人が後に「グレートギャツビー」「偉大なギャツビー」と改題もされています。しっくりこない感じを抱かれていたのかもしれません。

 

それでも、とても印象に残るしカッコいい。ヘンなのに素敵なタイトル。ひかれます。

 

この作品、5回目の映画化がされました。タイトルは「華麗なるギャツビー」。「グレート」でも「偉大な」でもありません。先日観ましたが、すごく良かったです。原作からかなり離れてしまった印象はあるものの、パーティ場面や自動車で疾走するシーンが、現代的な演出でとても華やか。原作に忠実だった過去の映画に比べて、ずっと「華麗」です。

 

実は今までに、村上春樹さん訳のものも含めて4、5回読んでいるのですが、いまひとつ面白さがわかりませんでした。「アメリカ文学を代表する」といわれる名作なのに。

 

今回の映画を観て、ようやくわかった気がします。

 -ライター水野秀次の「時代を斬る」コラム

  関連記事

no image

ジャニーズのK梨くんからメールもらいました

いろんな人がメールをくれます。J事務所のK梨くんとかS井くん、A○BのO島さんとか。ありがたいことに

no image

現代社会が生み出した犯罪

ストーカー」はとてもやっかいな問題で,警察の認知件数だけで年間2万件近いそうです。   殺

no image

ゲイの告白

アメリカには同性愛者が多いでしょうか? ドラマを観ていると、同性愛者がしばしば登場します。大ヒットし

no image

相撲部をカッコよくするために友達がしていたこと

大学生の頃のこと。同じ学校に通う幼な友達が相撲部に入りました。彼はスラリとした長身で、高校時代にはバ

no image

アトムがやってくる日

「スピンオフ」というドラマ作りの手法がアメリカではやっています。ある番組の人気の脇役や設定そのものを

no image

言葉の力について思う

「マララ・ユスフザイ」とは発音しにくい名前です。私には早口で3度連続正しく言うことができません。 &

no image

「吾輩は猫である」の墓参り

子供の頃に動物を飼ったことがないからか、ペットはあまり好きではありません 吠えられたり舐められたりは

no image

おとこおんなは、おとこ?おんな?

「いい男」「いい女」とは言っても、「男いい」「女いい」とは言いません。日本語の場合、形容詞は名詞の前

no image

ネルソン・マンデラが半沢直樹だったらどうなっていたかと考える

元南アフリカ大統領のネルソン・マンデラ氏が亡くなられました。享年95才は長寿ともいえる年齢ですが、そ

no image

平安時代のツイッター

ツイッターでは短い文章で意思を伝えるために、「なう」「わず」「うぃる」などの言葉が使われます。英単語

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW