ガンジーでも助走をつけて殴るレベルは慣用句になるレベル

   

知りませんでした。2chでは「ガンジーが助走をつけて殴るレベル」という表現が、普通に使われているのだとか。「ありえない」という意味ですが、2年以上前から慣用句的に定着しているそうです。何となくですが、ことわざの「弘法も筆のあやまり」を思い出させます。

 

非暴力運動の推進者であったマハトマ・ガンジーと、「殴る」という真反対のイメージの言葉を結びつけたところが面白いのでしょう。2chでは、これと同じような表現を創ろうとするスレッドが流行っています。

 

みてみると、聖徳太子、宮本武蔵、ヘレンケラー、ナポレオン、ナイチンゲール、キリストなど、さまざまな偉人を使って試されています。それなりに面白いですが、いまだに「ガンジー…」レベルは誕生していません。この表現が、突出していたいうことなのでしょう。「神フレーズ」などと評されてもいます。

 

慣用句やことわざは、面白いからと流行したものが定着して、今も残っているのではないでしょうか。「弘法も筆のあやまり」も、元は「はやり言葉」だったのでしょう。「ガンジー」にしても「弘法」にしても、彼らが誰かを知らない人には面白さがわかりません。その意味では、知的な言葉遊びです。

 

もしかすると、20年後、30年後には「ガンジーでも助走をつけて殴るレベル」が辞書に載っているかも知れませんね。

 

「2ちゃんねらー」には対抗できませんが、私もナンセンスなシャレを思いつきました。

『鑑真でも女装をすれば殴るレベル』

 

ガンジーさんに殴られそうです。

 

 -ライター水野秀次の「時代を斬る」コラム

  関連記事

no image

香川県が「うどん県」を商標登録しているのには驚きました

先日の新聞で初めて知りましたが、2012年に登録したのだそうです。地域を盛り上げるのに役立つ、実にう

no image

「やばい」ってヤバイ

「やばい」というコトバの表すものが、この10年か15年くらいの間にずいぶん変わったように感じます。娘

no image

それな、それな、って、それなに?

先日たまたま、一流大学の学生たちの会話を耳にしてビックリしてしまいました。   「一対一の

no image

相撲部をカッコよくするために友達がしていたこと

大学生の頃のこと。同じ学校に通う幼な友達が相撲部に入りました。彼はスラリとした長身で、高校時代にはバ

no image

平安時代のツイッター

ツイッターでは短い文章で意思を伝えるために、「なう」「わず」「うぃる」などの言葉が使われます。英単語

no image

ネルソン・マンデラが半沢直樹だったらどうなっていたかと考える

元南アフリカ大統領のネルソン・マンデラ氏が亡くなられました。享年95才は長寿ともいえる年齢ですが、そ

no image

ジャニーズのK梨くんからメールもらいました

いろんな人がメールをくれます。J事務所のK梨くんとかS井くん、A○BのO島さんとか。ありがたいことに

no image

さらばよさらば

某レコード会社の調査によると、70‘sの懐メロ人気No.1は堺正章さんの「さらば恋人」。

no image

がんばれ!国家公安委員長

誰でもそうでしょうけれど、交通違反をして警察に捕まるととてもイヤな気持ちになります。ちょっとしたスピ

no image

「吾輩は猫である」の墓参り

子供の頃に動物を飼ったことがないからか、ペットはあまり好きではありません 吠えられたり舐められたりは

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW