飛行機のように走る列車

   

最高時速500キロ。東京ー名古屋間が40分。「リニア中央新幹線」は飛行機並みのスピードだそうです。

 

ずいぶん先のことになりますが、2027年に開通が予定されています。現在は新幹線「のぞみ」で1時間40分かかるところを、半分以下の時間で行けるようになります。

 

 

リニアモーターカーの仕組みは詳しく知りませんが、磁力で車体を浮かせて走らせるのだそうです。重たい車両に大勢の人を乗せても浮かすことができるということは、そうとう強い磁力が使われているに違いありません。

 

 

素人考えで、「乗っている間に身に着けている金属が磁石になったりしないのだろうか?」と心配にもなります。「強い磁力で血行が良くなって肩こりが治ったりしたらいいね」などと期待したりもします。実際にはそんなことは起こらないのでしょうけれど。

 

 

リニア新幹線の車両が先日公開されました。驚いたのは、運転台がないことです。車両の外からリモートコントロールするので運転士がいません。それで、先頭車両の前部に窓が必要ないそうです。

 

 

前が見えない列車というのを初めて見ましたが、何となく心もとない感じがします。オートドライブや遠隔操作が発達する未来には、もしかするとこんな乗り物ばかりになるのでしょうか。

 

 

客室にはちゃんと窓があります。東海道新幹線からは表の富士山が見られますが、リニアは山梨側を走るので裏富士を見ることができるのだとばかり思っていました。

 

 

ところが、リニア新幹線は9割がトンネルで、ほとんど風景を楽しむ機会はないのだそうです。外を見られるのは4分だけ。ずっと真っ暗な景色しかないのでは、「列車の旅の楽しみ」は味わえそうにありません。

 

 

いささか残念な気もしますが、「40分」という短さでは、もはや「旅」とは言えないのかも知れませんね。科学の進歩は旅も変えるのでしょう。

 -ライター水野秀次の「時代を斬る」コラム

  関連記事

no image

ゲイの告白

アメリカには同性愛者が多いでしょうか? ドラマを観ていると、同性愛者がしばしば登場します。大ヒットし

no image

現代社会が生み出した犯罪

ストーカー」はとてもやっかいな問題で,警察の認知件数だけで年間2万件近いそうです。   殺

no image

平安時代のツイッター

ツイッターでは短い文章で意思を伝えるために、「なう」「わず」「うぃる」などの言葉が使われます。英単語

no image

相撲部をカッコよくするために友達がしていたこと

大学生の頃のこと。同じ学校に通う幼な友達が相撲部に入りました。彼はスラリとした長身で、高校時代にはバ

no image

「吾輩は猫である」の墓参り

子供の頃に動物を飼ったことがないからか、ペットはあまり好きではありません 吠えられたり舐められたりは

no image

それな、それな、って、それなに?

先日たまたま、一流大学の学生たちの会話を耳にしてビックリしてしまいました。   「一対一の

no image

競馬でもうけ過ぎて破産しそうになったサラリーマン

競馬の予想ソフトを使って29億円も利益をあげたサラリーマンがいる、というので驚きました。1億円強の当

no image

言葉の力について思う

「マララ・ユスフザイ」とは発音しにくい名前です。私には早口で3度連続正しく言うことができません。 &

no image

そこに山があるからエベレスト?

「そこに山があるからだ」という有名な登山家の言葉がありますけれど、私には山登りの楽しさというものがど

no image

さらばよさらば

某レコード会社の調査によると、70‘sの懐メロ人気No.1は堺正章さんの「さらば恋人」。

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW