かんじとひがらな

   

にちうよびに こえうんで せせんいに おらこれ ました

 

文章をたくさん書いていると、よくミスタイプしてしまいます。何度か見返すのですが、それでも気づかないまま提出してしまうこともあります。

 

このコラムでも、アップされた後に読み返してみて、「しまった!」ということが何度かありました。よくチェックしているつもりなのに、見落とすのはナンデだろう?と落ち込むこともあります。

 

漢字の変換ミスというのもありますが、ひらがなの順番ちがいということもあります。これが意外と見落としやすいです。

 

熟語も長いもの、たとえば「春秋夏冬」「品方行正」「早田稲大学」などはパッとみでは気がつきにくいです。このまま流通させたいくらいに思います。

 

冒頭にあげたようなデタラメな文章を読んでも、「日曜日に公園で先生に怒られました」という意味だと理解できます。ケンブリッジ大学の研究によると、英単語のばあい、最初と最後の文字がただしければ意味が理解できてしまうそうですが、どうやら日本語にもおなじことが言えそうです。

 

誤字を見落としやすいのは、これと関係があるのかも知れません。文字をすべて読まなくても内容を理解できるような脳の仕組みがあるのでしょう。

 

二文字のみじかいものなら見間違えることはほとんどありません。今年話題になったおふたり、「村上春樹」と「上村春樹」…似ていることにすら気がつきませんでした。

 -ライター水野秀次の「時代を斬る」コラム

  関連記事

no image

現代社会が生み出した犯罪

ストーカー」はとてもやっかいな問題で,警察の認知件数だけで年間2万件近いそうです。   殺

no image

ジャニーズのK梨くんからメールもらいました

いろんな人がメールをくれます。J事務所のK梨くんとかS井くん、A○BのO島さんとか。ありがたいことに

no image

さらばよさらば

某レコード会社の調査によると、70‘sの懐メロ人気No.1は堺正章さんの「さらば恋人」。

no image

相撲部をカッコよくするために友達がしていたこと

大学生の頃のこと。同じ学校に通う幼な友達が相撲部に入りました。彼はスラリとした長身で、高校時代にはバ

no image

それな、それな、って、それなに?

先日たまたま、一流大学の学生たちの会話を耳にしてビックリしてしまいました。   「一対一の

no image

そこに山があるからエベレスト?

「そこに山があるからだ」という有名な登山家の言葉がありますけれど、私には山登りの楽しさというものがど

no image

「やばい」ってヤバイ

「やばい」というコトバの表すものが、この10年か15年くらいの間にずいぶん変わったように感じます。娘

no image

ネルソン・マンデラが半沢直樹だったらどうなっていたかと考える

元南アフリカ大統領のネルソン・マンデラ氏が亡くなられました。享年95才は長寿ともいえる年齢ですが、そ

no image

香川県が「うどん県」を商標登録しているのには驚きました

先日の新聞で初めて知りましたが、2012年に登録したのだそうです。地域を盛り上げるのに役立つ、実にう

no image

ゲイの告白

アメリカには同性愛者が多いでしょうか? ドラマを観ていると、同性愛者がしばしば登場します。大ヒットし

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW