平安時代のツイッター

   

ツイッターでは短い文章で意思を伝えるために、「なう」「わず」「うぃる」などの言葉が使われます。英単語をうまく活用して短文にしているわけです。モールス符号(信号)と似ているな、と思います。

 

ずいぶん前ですが、モールスを勉強したことがあります。ただの思いつきだったので長続きはせずモノにはなりませんでしたが、今でも少しは覚えています。

 

学習法は、石川遼さんの宣伝している何とかラーニングという英語教材とほぼ同じ。アルファベット名とモールス符号が録音されたテープを、ただただ聞き流します。例えば、「Z」であれば、「ゼット、ツーツートツー」です。符号で記すと「― ― ・ ―」。

 

毎日聞いていると、「ゼット」という文字を見た瞬間に「ツーツートツー」と言えるようになりました。条件反射です。

 

モールスは一文字打つのに時間がかかるので、複雑な意思疎通にはあまり向いていません。なるべく短い電文で意思を伝えようと工夫も必要です。略号もあります。

例えば、「幸運を祈る」は「good luck」を短くして「GL」、「thank you」は「TU」。「happy」は「HPI」、「please」は「PSE」、「you」は「U」、「your」は「UR」と略されます。

 

よく使われる言葉を短い別の表現に置き換えるという点は、ツイッターで行われているのとまったく同じ。道具は変わりましたが、ツイッターは現代のモールスなのでしょう。

 

そういえば、よく似たことをずっと昔から日本人はしてきました。短歌です。

 

瀬を早み 岩にせかかる 滝川の われても末に 逢わむとぞ思ふ (崇徳院)

(速い川の流れは大きな岩にあたってふた手に別れても、またひとつに戻る。それと同じように、今は離ればなれでもいずれはあなたと逢えると思っています)

 

言葉に二重の意味を持たせたり掛詞などを使ったりして、短文で想いを伝えた恋歌もツイッターと共通点があります。時代はめぐるものだと感じます。

 -ライター水野秀次の「時代を斬る」コラム

  関連記事

no image

「やばい」ってヤバイ

「やばい」というコトバの表すものが、この10年か15年くらいの間にずいぶん変わったように感じます。娘

no image

「吾輩は猫である」の墓参り

子供の頃に動物を飼ったことがないからか、ペットはあまり好きではありません 吠えられたり舐められたりは

no image

言葉の力について思う

「マララ・ユスフザイ」とは発音しにくい名前です。私には早口で3度連続正しく言うことができません。 &

no image

競馬でもうけ過ぎて破産しそうになったサラリーマン

競馬の予想ソフトを使って29億円も利益をあげたサラリーマンがいる、というので驚きました。1億円強の当

no image

ゲイの告白

アメリカには同性愛者が多いでしょうか? ドラマを観ていると、同性愛者がしばしば登場します。大ヒットし

no image

ガンジーでも助走をつけて殴るレベルは慣用句になるレベル

知りませんでした。2chでは「ガンジーが助走をつけて殴るレベル」という表現が、普通に使われているのだ

no image

がんばれ!国家公安委員長

誰でもそうでしょうけれど、交通違反をして警察に捕まるととてもイヤな気持ちになります。ちょっとしたスピ

no image

飛行機のように走る列車

最高時速500キロ。東京ー名古屋間が40分。「リニア中央新幹線」は飛行機並みのスピードだそうです。

no image

ジャニーズのK梨くんからメールもらいました

いろんな人がメールをくれます。J事務所のK梨くんとかS井くん、A○BのO島さんとか。ありがたいことに

no image

「88 3Q」を漢字で書くと…

憂鬱、語彙、毀損、滑稽、隠蔽、潰瘍、辛辣、治癒 …   書けそうにないなぁ、と思う漢字を並

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW