キーワード記事を制する者は

   

このブログのネタを探すのは、地味に大変だったりします。しかし、書き始めてみると意外にすらすらと進むので、着手する前にアレコレと悩んでいる時間は単純にムダかもしれません。何事も初動を早くするのは大事だな、と最近つくづく感じています。

 

会社からいただくメインの案件の1つにキーワード記事というものがあります。

 

たとえば「インプラント」などの指定された単語を1回だけ使って、何か記事を書くというものです。私は一度「インプラント」だけで100記事書いたこともあります。報酬は比較的低いですが、量産できるので、時給換算すればなかなかの額となります。

 

すべての記事で内容をバラバラにする必要があるので、切り口を探すのは大変です。しかし、とにかく「インプラント」とまず書いてさえしまえば、まるで引っこ抜いたイモにごそっと土がついてくるイメージで、意外にもあっさりと書けてしまったりします。

 

このブログタイトル「書けば都」ですが、これは完全な思いつきで付けました。

 

「住めば都」は、住み慣れればどんな場所も快適、みたいな意味で、本当のことかもしれません。しかし「書けば都」というのは嘘です。どんな文章も書いている間はとても苦痛です。もっとも、ことわざから離れた別の意味では真実にも思えます。周辺的な単語を手掛かりに書き始めれば、最終的に1つのまとまった「都」的な記事はできあがります。

 

という感じで、今回も更新ができました。やっぱり「書けば都」です。

 -「書けば都」 ライター上井アキヒロ

  関連記事

no image

方言で書いたらアカンけど

関西に住んでいるので、基本的に話し言葉は関西弁です。しかし、ライティングの際にはもちろん標準語を使い

no image

さようならピンクマンション

私の部屋はマンションの5階です。カラス除けのネットが張られたベランダの向こうに月極駐車場があり、その

no image

ギブ・ミー・アイデア

突然ですが、黒という色は好きですか? 私はあまり好きではありません。しかしどういうわけかある種の商品

no image

ライティング×辞書=効率UP

書く記事数が増えてきてからというもの、ユーザー辞書を工夫して効率を上げるようにしています。本当にちょ

no image

WEBライターのうまみ~パート2

前回の続きです。在宅でライターとして働くことのメリット、まだかなりたくさん思いつきます。デメリットも

no image

頑張りどころ

物心ついたときから、人に「頑張れ」と言われるのが嫌いでした。   人間には誰にも限界があり

no image

大谷翔平プロ初HR! って読みたくなりませんか?

二刀流で世間をにぎわせている高卒ルーキーの日本ハム・大谷翔平選手が、先日、プロ初のホームランを打った

no image

まだあげそめし「黒髪」の

先日から、小中学校の国語の授業で読んでいた作品をいくつか再読しています   中でも、島崎藤

no image

図書館とワケありな人々

暇があれば図書館に足を運びます。読み物、写真集、旅行本、マンガ、雑誌など、脈絡のないものを借りて寝る

no image

悪ふざけなう

名前をさらして、非常識な行動をご丁寧に写真つきでツイートし、粛清される、ちょっと唖然とするほど無考え

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW