大谷翔平プロ初HR! って読みたくなりませんか?

   

二刀流で世間をにぎわせている高卒ルーキーの日本ハム・大谷翔平選手が、先日、プロ初のホームランを打ったそうです。私もヤフーの速報に触れてYouTubeの動画を視聴しましたが、ライトスタンド中段に突き刺さる鮮烈なバッティングでした。

 

私は大谷翔平ほどではありませんが、松井秀喜より少し小さめで、イチローより少し大きく、レオナルド・ディカプリオと同じ身長で、なかなかの恵体ですが、大谷君のようには自分の体を生かしきれていません。無駄にデカいな俺は、と自分でも思います。

 

ヘンテコな文章ですみません。有名人の名前を羅列したのは意味があります。以前、私が書いた記事が、どういうわけか現在、ライターブログの人気記事ランキングで第1位なんです。『見つからない「本当のこと」』というタイトルで、腰痛について書いています。

 

なぜ1位になったのかを、少し考えてみました。別に面白くもない記事なので、文章の最後の方にぽつんと書いている「イチロー」という単語が、イチロー選手の情報を検索しようとした人たちを集めて、拙文を読ませたのではないかと思っています。

 

ライティングの仕事では大体においてキーワードを使います。指定されたキーワードを使った文章をいかに読ませて、クライアントの望むサイトへ読者を誘導するか。それがウェブライターの主な仕事であり、腕の見せ所です(と私は勝手に思っています)。

 

もしかすると、検索されやすいホットな有名人の名前を文中に混ぜれば、もっと個々の記事の閲覧数が上がるのかもしれません。きゃりーぱみゅぱみゅ。この人の名前、パソコンではじめて打ちましたが、発語するのに負けず劣らず、打ちにくいですね。ぱみゅぱみゅ。

 

アダルト系のキーワードを使えばより多くの人に読んでもらえるのかもしれませんが、さすがにこれ以上文面を汚すわけにはいかないので、ここまでにしておきます。

 

この記事が新たな1位になる日は来るのかな、と今ちょっと楽しみです。

 -「書けば都」 ライター上井アキヒロ

  関連記事

no image

WEBライターのうまみ~パート2

前回の続きです。在宅でライターとして働くことのメリット、まだかなりたくさん思いつきます。デメリットも

no image

神は細部に宿る?

先日、サッカーW杯最終予選をテレビで見ました。ちょっと重要な電話をかけながら1時間ばかり無音で観戦し

no image

頑張りどころ

物心ついたときから、人に「頑張れ」と言われるのが嫌いでした。   人間には誰にも限界があり

no image

見つからない「本当のこと」

本当のことって何だろう、と最近よく考えます。先日、ライティングのために腰痛について調べていました。「

no image

まだあげそめし「黒髪」の

先日から、小中学校の国語の授業で読んでいた作品をいくつか再読しています   中でも、島崎藤

no image

キーワード記事を制する者は

このブログのネタを探すのは、地味に大変だったりします。しかし、書き始めてみると意外にすらすらと進むの

no image

さようならピンクマンション

私の部屋はマンションの5階です。カラス除けのネットが張られたベランダの向こうに月極駐車場があり、その

no image

方言で書いたらアカンけど

関西に住んでいるので、基本的に話し言葉は関西弁です。しかし、ライティングの際にはもちろん標準語を使い

no image

悪ふざけなう

名前をさらして、非常識な行動をご丁寧に写真つきでツイートし、粛清される、ちょっと唖然とするほど無考え

no image

ライティング×辞書=効率UP

書く記事数が増えてきてからというもの、ユーザー辞書を工夫して効率を上げるようにしています。本当にちょ

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW