まだあげそめし「黒髪」の

   

先日から、小中学校の国語の授業で読んでいた作品をいくつか再読しています

 

中でも、島崎藤村の「初恋」という作品を面白く読みました。「まだあげそめし前髪の」から始まる文語定型詩です。全文は覚えていなくても、このフレーズだけは頭に残っているという人も多いのではないでしょうか。五七調で印象的なリズムです。

 

暗唱が好きな私は、「まだあげそめし前髪の」などと部屋で呟いてみたりするのですが、大体「前髪」のところを「黒髪」と言い間違えてしまいます。

 

自分の中では、失敗すると最初からやり直し、というルールなので、また「まだあげそめし」と始めるのですが、やはり「黒髪」と間違えて、いっかな先に進んでいきません。

 

そういう女性が好きという個人的な嗜好もあるのかもしれませんが、しかし、この文章を読んでいると、自然と黒髪の美少女が浮かんできます。古語の持つ力ではないはず。「まだ上げたばかりの前髪が」と現代風に訳しても、やはり同じような情景が思われます。

 

私は、藤村の原文よりも、自分の言い間違えの方が正しいと言いたいわけではありません。

 

前後の文脈やリズムの中で、「前髪」という言葉が別の意味と情景を連れて立ち現われてくるような、そんな想像力を掻き立てる文章が書けたらいいな、と思っているんです。

 -「書けば都」 ライター上井アキヒロ

  関連記事

no image

方言で書いたらアカンけど

関西に住んでいるので、基本的に話し言葉は関西弁です。しかし、ライティングの際にはもちろん標準語を使い

no image

ライティング×辞書=効率UP

書く記事数が増えてきてからというもの、ユーザー辞書を工夫して効率を上げるようにしています。本当にちょ

no image

神は細部に宿る?

先日、サッカーW杯最終予選をテレビで見ました。ちょっと重要な電話をかけながら1時間ばかり無音で観戦し

no image

見つからない「本当のこと」

本当のことって何だろう、と最近よく考えます。先日、ライティングのために腰痛について調べていました。「

no image

ちょっと蹴殺してみただけの「異邦人」~♪

不愉快な事件です。   広島でLINEを悪用した殺人が起きました。16歳の男女が21歳の運

no image

悪ふざけなう

名前をさらして、非常識な行動をご丁寧に写真つきでツイートし、粛清される、ちょっと唖然とするほど無考え

no image

「好き嫌い」とライティング

小学生の頃は野球をやっていたので、何度か球場でプロの試合を観戦しました。一度、どういうわけか西武ライ

no image

さようならピンクマンション

私の部屋はマンションの5階です。カラス除けのネットが張られたベランダの向こうに月極駐車場があり、その

no image

頑張りどころ

物心ついたときから、人に「頑張れ」と言われるのが嫌いでした。   人間には誰にも限界があり

no image

WEBライターのうまみ~いつもの記事風

先日のブログはたまたま音楽を聞きながら更新したのですが、これはおそらくウェブライターの特権です。在宅

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW