アトムがやってくる日

   

「スピンオフ」というドラマ作りの手法がアメリカではやっています。ある番組の人気の脇役や設定そのものを、べつのドラマに移行して関連する物語を作ることです。

 

SF映画「スターゲート」からTVドラマ「スターゲイト SG1」というスピンオフができ、そこからさらに、「スターゲート アトランティス」ができました。ちなみに、「SG1」は世界最長SFドラマとしてギネスにのっています。

 

他にもたとえば、「グライズアナトミー」からは「プライベートプラクティス」が、「プリズンブレイク」からは「ブレイクアウトキング」がスピンオフしています。

 

スピンオフを世界で最初につかったのは、おそらく手塚治虫でしょう。

 

もともとは「アトム大使」というマンガの脇役だったアトムを主役に「抜擢」して、「鉄腕アトム」が描かれました。本家の方は人気がなく歴史から消えてしまいましたが、「鉄腕アトム」はマンガ・アニメの歴史に革命をおこしました。

 

アトムは60か国語が話せるコンピュータ頭脳を持ち、10万馬力の原子力モーターをそなえ、マッハ5で空を飛べます。鼻がアンテナなので通信もできます。60年前のマンガですが、とてつもない発想力。

 

こんなロボットが早くできないかなと期待していますが、原作の設定ではアトムの誕生日は2003年4月23日…。あら、もうとっくに過ぎています!

 

 

介護ロボットの国際安全基準を日本がリードして決めることになった、というニュースがありました。老人などの自立をささえるロボットで、ベストのように羽織ると重い物を持ちあげやすくなるものなどが研究されています。介護の現場ではとても役にたちそうです。

 

ただ、これが一般的に出まわるのは10年、20年先だということです。この調子だと、アトムが登場するのはいつになるかわかりません。はやく、アトムの「国際安全基準」の話をつめてほしいものです。

 -お知らせ, ライター水野秀次の「時代を斬る」コラム

  関連記事

no image

それな、それな、って、それなに?

先日たまたま、一流大学の学生たちの会話を耳にしてビックリしてしまいました。   「一対一の

no image

さらばよさらば

某レコード会社の調査によると、70‘sの懐メロ人気No.1は堺正章さんの「さらば恋人」。

no image

がんばれ!国家公安委員長

誰でもそうでしょうけれど、交通違反をして警察に捕まるととてもイヤな気持ちになります。ちょっとしたスピ

no image

ガンジーでも助走をつけて殴るレベルは慣用句になるレベル

知りませんでした。2chでは「ガンジーが助走をつけて殴るレベル」という表現が、普通に使われているのだ

no image

やっぱり「華麗なる」タイトルがいい

翻訳文学のタイトルには、びっくりするような訳があります。例えば、サラ・パレツキーの小説「Killin

no image

「吾輩は猫である」の墓参り

子供の頃に動物を飼ったことがないからか、ペットはあまり好きではありません 吠えられたり舐められたりは

no image

「やばい」ってヤバイ

「やばい」というコトバの表すものが、この10年か15年くらいの間にずいぶん変わったように感じます。娘

no image

おとこおんなは、おとこ?おんな?

「いい男」「いい女」とは言っても、「男いい」「女いい」とは言いません。日本語の場合、形容詞は名詞の前

no image

悪ふざけなう

名前をさらして、非常識な行動をご丁寧に写真つきでツイートし、粛清される、ちょっと唖然とするほど無考え

no image

そこに山があるからエベレスト?

「そこに山があるからだ」という有名な登山家の言葉がありますけれど、私には山登りの楽しさというものがど

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW