ミドルエイジからのWEBライター講座

   

これはいつも弊社のミドルエイジライターに注意していることですが、これからライターを目指される方には是非覚えておいて欲しいことです。

 

■年齢を感じさせない文章を心がける

 

決してライター自身の年輪を感じる文章が「いけない」という訳ではありません。

テーマによっては「あえて」その人生や社会経験を前面に押し出した記事が求められる場合もあります。 ただし、「それしか書けない」ライターでは、仕事も必然と限られてきてしまいます。

WEBライターの基本は「マルチ性」にあります。 どんなテーマにでも対応できて、始めてWEBライターと名乗れるわけですから。
その為に必要なことは下記のようなものです。

・常にWEB上の文章と接するよう心がける
・古い言い回しなどは極力避ける

 

■四文字熟語は極力使わないようにする

ついつい使ってしまいがちなのが、この「四文字熟語」です。
確かに意味も通じやすいし、使いたくなる気持ちもわかります。

基本的にWEB上の文章で「漢字」の多いものは敬遠されます。 弊社でも極力「漢字は開く」ように指導しています。

例えば「様々な」と書くより、ひらがなで「さまざまな」と書いたほうが読み手には優しく、読みやすくなります。

 

四文字熟語の例をあげてみましょう

 

「支離滅裂な話ですが、現在のような弱肉強食時代を生き抜くには徹頭徹尾・・・」

このような文章になってしまうと、まず漢字が多いので、読み手はその時点で「読む気」が失せてしまいます。

 

ほんのちょっとしたことかも知れませんが、つい書き手の「クセ」は文章に表れてしまうものです。 出来る限り注意されることをお勧めします。

 -お知らせ, オーナー社長のWEBライティング講座

  関連記事

no image

WEBライター中級編 サイト構成とは?

記事を単体で書かれる方は多いと思いますが、弊社では1サイトをそのまま構成も含めてライターに任せるケー

no image

会社HPを再度リニューアルする理由

私自身がこの仕事と関わるようになってから5年近くが経過しました。うちの会社のHPもあと2~3週間で再

no image

大きなお世話、その日本語間違ってませんか?

最近あまりにも多くの記事を見ているせいか、文章そのものを読まなくでもテキストが書かれたワードを眺めた

no image

文章力をUPさせる方法

文章力とは『語彙力』『表現力』『構成力』に『信用性』『カリスマ性』の総合的力だと思います。 この5つ

それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

「記事作成代行業社に記事執筆を依頼したが、納品されたファイルがExcelだった。テキストファイルにし

no image

良い文章の書き方パート2 実践編

それでは実際に良い文章の書き方について説明していきましょう まずはライター希望の方がが書いた文章をそ

no image

アトムがやってくる日

「スピンオフ」というドラマ作りの手法がアメリカではやっています。ある番組の人気の脇役や設定そのものを

no image

WEBライティングに於ける適正な漢字とひらがな比率とは

個人ブログで一部漢字に関して書きましたが、さてここからが本題です。 私自身常にこれも発信していること

no image

Aランクを目指すなら必読!WEBライター上級編~あなたはトップページを理解していますか?

■そもそもトップページの意味合いとは 「ライターのクリエーター性とセンス」が問われるページであり、サ

no image

スタッフBlog運営開始

WEB業界で事業をするにあたって起業Blogのような情報発信ツールを利用しないのは勿体無い・・・そう

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW