さらばよさらば

   

某レコード会社の調査によると、70sの懐メロ人気No.1は堺正章さんの「さらば恋人」。だいぶ前にテレビの「SMAP×SMAP」で、「70年代ベストテン」を選んだときにも1位はこの曲。いい歌ですが、発売された71年の年間チャートですら1位になっていないですし、レコード大賞も受賞していないので不思議です。

 

71年といえば、ドラマ「おれは男だ」が大ヒット。現千葉県知事の森田健作さんの出世作です。森田さんには他にめぼしいヒット作はないので、このドラマだけの人気で、国会議員にも県知事にもなったわけです。ものすごい影響力。テーマソング「さらば涙と言おう」も森田さんが歌いヒットしました。

 

同じ年に、東大法学部卒のエリート銀行員・小椋佳さんが歌手デビューして話題になりました。「真面目なサラリーマン」の風貌を隠すためか、アルバムジャケットにも本人の写真がありません。テレビにも出ないので、「有名なのに顔を知られていない歌手」という変わり種。デビューアルバム収録の「さらば青春」は、数年後に大ヒットします。

 

以前は「さらば」という言葉は、男のかっこよさを象徴するイメージで使われていました。小説のタイトルにも、チャンドラーの「さらば愛しき女よ」、ヘミングウェイの「武器よさらば」と、ハードボイルドな男の世界には絶妙にマッチします。

 

「さらば」は、男の愛情や優しさや切なさを伝える素敵なセリフだったはず。

 

いつの間にかあまり使われなくなり、今では死語になりかけています。最近使ったのは何と、ももいろクローバーZ。曲名はチャンドラー風の「サラバ、愛しき悲しみたちよ」。あらら、女の子のものになってしまいました!?

 

もはや「男の言葉」ではないのかと思うと、少し淋しい気がします。センチメンタルな男のかっこよさは、なくなってしまったのでしょうか?

 -お知らせ, ライター水野秀次の「時代を斬る」コラム

  関連記事

no image

やっぱり「華麗なる」タイトルがいい

翻訳文学のタイトルには、びっくりするような訳があります。例えば、サラ・パレツキーの小説「Killin

no image

かんじとひがらな

にちうよびに こえうんで せせんいに おらこれ ました   文章をたくさん書いていると、よ

no image

「88 3Q」を漢字で書くと…

憂鬱、語彙、毀損、滑稽、隠蔽、潰瘍、辛辣、治癒 …   書けそうにないなぁ、と思う漢字を並

no image

そこに山があるからエベレスト?

「そこに山があるからだ」という有名な登山家の言葉がありますけれど、私には山登りの楽しさというものがど

no image

相撲部をカッコよくするために友達がしていたこと

大学生の頃のこと。同じ学校に通う幼な友達が相撲部に入りました。彼はスラリとした長身で、高校時代にはバ

no image

平安時代のツイッター

ツイッターでは短い文章で意思を伝えるために、「なう」「わず」「うぃる」などの言葉が使われます。英単語

no image

おとこおんなは、おとこ?おんな?

「いい男」「いい女」とは言っても、「男いい」「女いい」とは言いません。日本語の場合、形容詞は名詞の前

no image

香川県が「うどん県」を商標登録しているのには驚きました

先日の新聞で初めて知りましたが、2012年に登録したのだそうです。地域を盛り上げるのに役立つ、実にう

no image

ガンジーでも助走をつけて殴るレベルは慣用句になるレベル

知りませんでした。2chでは「ガンジーが助走をつけて殴るレベル」という表現が、普通に使われているのだ

no image

悪ふざけなう

名前をさらして、非常識な行動をご丁寧に写真つきでツイートし、粛清される、ちょっと唖然とするほど無考え

ついついサボっちゃうのは在宅のサガ? 自己管理を徹底することの重要性

自宅で仕事をするWebライターさんの場合、誰かに監視されているわけではありませんので、自己管理がとて

【Word版作りました】それぞれのセルに書かれた記事を別々のWordファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもOK)

以前、 それぞれのセルに書かれた記事を別々のテキストファイルへ出力するExcelアドイン(CSVもO

記事の役割を理解することがWebライターのスキルアップの近道

記事の役割というのは、ほとんどの場合“読者の悩みを解決する”ことにあります。そのために必要なのは、検

Word2016のスマート検索(インサイト)がライターにオススメ!

最近リリースされたWord2016の中に、インサイトという新機能があります。使ってみると、記事作成を

煩わしいWordの「保護ビュー」は設定でスキップ(解除)!

Webライターの皆さんの場合、ファイルの受け渡しはメールがほとんどになるでしょう。「添付ファイルにW